【初心者向け】WordPressブログ開設までの手順をザックリ教えるよ

今回はネットビジネスの根幹となる、ブログの開設の方法を順をおって説明します。

なお、本ページは細かな詳細についての説明というよりは、全体の流れを把握するために作成しました。

したがって、これからブログの開設を考えている方は、ざっとこの記事を読んでいただき、流れを掴んでから詳細が書かれている説明書を見ることをお勧めします。

ちなみに今回ブログはWordPressというCMSでやることを前提に書きました。

無料のサービスもいくらでもありますが、やはり収益を上げるのが目的となると、しっかりしたものを自分で構築する必要があります。

それでは順を追って説明します。

ステップ①:レンタルサーバを申し込む

一番ポピュラーな「エックスサーバー」 というレンタルサーバーを利用します。

正直メリットとかデメリットとか色々あるのですが、WordPressでブログを始める多くの方がこのエックスサーバーを利用しているようですので、間違いないはずです。

残念ながら有料です。月1,000円。(初期費用も3,000円かかります)

ブログってお金かかるんです。パソコン代やネット代もそうですが、ネットビジネスで成功しようと思ったら、初期投資はある程度覚悟しないといけません

でも初期投資すると逆に絶対成功してやるぜ、って気にはなりますね。ものは考えようです。

エックスサーバーのページから申し込むと、タイトルが「【Xserver】■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせ」というメールが来ます。これでレンタルサーバーの設置は完了。

お金はかかりますが、初心者でも楽勝です。おそらく迷うことはないはず。

ステップ②:ドメインを設定する

ドメインって知ってますか?●●.co.jpのやつです。あれをオリジナルで作れるの少しうれしいですね。いよいよネットビジネスが始まる感じが出て来るんじゃないでしょうか。

これは「お名前.com」 と言うサイトで申し込めます。

早速申し込みを。。。ってこれもお金かかります。そりゃそうだよね。無料でやってくれません。でもこれは結構安いです。

1年間で数百円〜数千円単位の話です。

さて、なんて言うドメインにするか、結構迷うところです。自由に入力すると今使われているか、どうかをしっかりお名前.comのページで調べてくれます。

ドメインによって値段は結構違います。「.co.jp」 とか「.net」とかメジャーなやつは高い傾向です。一方マニアックな「.how」とか「. site」とかあまり見たことないやつは安い。

私は「n-box.tokyo 」と言うドメインにしました。

.tokyoは全然どうでもよかったのですが、少なくても「東京」と言う意味のある情報が乗っかるので、少しお得かな、と。ぶっちゃけると安いから。1年間で99円でした。破格。

ただし、今振り返ると、もっとメジャーなやつにすべきだったと少し後悔しています。やはりドメインの信頼性が低いと、セキュリティレベルが高い企業だとページ自体が開くことができなかったりします。こんなところで1000円の出費を躊躇するようでは、集客数が多いブログは作れません。

また、ドメインを設置する時に合わせてWhois情報公開代行登録もすることをお勧めします。これに登録しておくと自分の名前などを公開することなく、トラブル時など対応してもらえるようです。が、これも追加料金が発生します。

ただしこちらも年額300円程度。やっておいた方がメリット大きいと思います。

ステップ③:レンタルサーバーとドメインを紐付ける

「お名前.com」 のページから「ネームサービス」の初期設定を行います。

次に「エックスサーバー」の設定を行います。それぞれ指示通りに進めれば難しいことはないと思いますが、詳細な説明を書いたブログやHPもいくらでもありますので、参照すると良いでしょう。

これでドメインの紐付けは完了のようです。

ステップ④:WordPressをインストール

「エックスサーバー」のサーバーパネルにログインして、「WordPress」のインストールをします。

「WordPress簡単インストール」と言うボタンがありますので、こちらも見ればわかるようになっています。そしてインストールしたWordPress上のユーザー名やパスワード、そしてブログ名を決定。このブログ名は後で変えられるらしいので、適当につけても構いません。

これでWordPressのインストールは完了。

ステップ⑤:テーマのインストール

こちらも「有料テーマ」「無料テーマ」があります。

こちらについては詳細な別の記事がありますので、そちらを参照してもらえればと思いますが、断然「有料テーマ」がお得です

私は最初は「無料テーマ」でスタートしてしまいましたが、結局後悔しています。今からブログを始めるのであれば、有料テーマでやった方が絶対いいと思いますよ。

ステップ⑥:細かな初期設定

⑥ー1:SSLの設置

エックスサーバーのサーバーパネルから実行します。

というか、最近では最初にSSL選択も同時に行えるようですので、気がつかないうちにSSLの設置が終了しているパターンがほとんどでしょう。

ホームページのアドレスが https からスタートしていれば問題ありません。

⑥ー2:サイト名称の設定

検索サイトにどのように表示されるか、を設定します。これも後々変更可能ですので、ある程度の設定で良いでしょう。

⑥ー3:パーマリンクの設定

「パーマリンク」ってあまりブログやったことない人は聞きなれない言葉だと思いますが、ブログ内の各ページごとのURLの設定のことです。

https//ドメイン名/●●  の●●の部分です。ポイントは日本語ではなく、半角英語で表現することです。日本語だとバグみたいにわけのわからない文字列に変換されてしまったりします。

⑥ー4:最低限の機能をプラグインで付加する

私が初期で入れたのは、Akismet、BackWPup、Google XML Sitemaps、PS Auto Sitemap PubSubHubbub、Google Analytics for WordPress でした。

プラグイン自体は非常に簡単にインストール+有効化が可能です。他にも必要な機能に応じてプラグインを追加すると良いでしょう。

ただし、プラグインは入れすぎるとサイト自体が重くなり、ブログを開くのに時間がかかってしまいます。また、プラグインには相性があり、相性が悪いものを同時に有効化しても同時に動かなかったり、不具合を起こしたりします

ある程度必要最低限に絞った方が良いでしょう。

⑥ー5:Google Analytics、Google Search Consoleの設定をする

結局ブログはトライ&エラーの繰り返しだと思います。

ひたすら投稿を繰り返し、その記事がどれくらい読まれているのか、どういう方々に必要とされているのかを想像し、手直しを繰り返してもっと質の高いものに作り変えていく。

これを半年〜1年繰り返してようやくまともなブログに成長していくわけです。

このGoogle AnalyticsGoogle Search Consoleは自分のブログの現状を正確に、そしてシビアに見せてくれます。

この数字とにらめっこして、少しでもよくするためにはどうするか、必死になるわけです。

ステップ⑦:ブログを書く

これで一通りの設定は終了。慣れている人なら1時間程度で終わりますが、私はここにたどり着くのに2日間かかりました。。。

さて、いきなり記事をガンガン書いていくことも良いのですが、お勧めなのは、まずは「誰に」読ませたいブログなのかをイメージしておくことです。

この作業が抜けてしまうと、結局テーマが乱雑で、後々集客に苦戦していくことになると思います。

最初に「誰に」読ませたいのかをしっかりイメージし、その方々が「どのようなことを知りたがっているのか」を想像し、記事に起こしていくとよいと思います。


ブログで集客できるようになってくると、本当に「資産」だなぁとつくづく思います。

この記事を見ていただいて、一人でも多くの方がブログのスタートの役に立てれば幸いです。

最新投稿をおしらせします!