Google Adsense 突然合格!その理由を徹底解説!!

初めてGoogle Adsenseの申請を出してから早4ヶ月あまり、ついにこの日がやってきました!

そう、Google Adsenseから合格のお知らせが来たのです!!

これは嬉しい。正直言って5回くらい落ちた後は「俺にはもう無理なのかもしれない・・・・」とかやさぐれて放置していた時期もありましたが、めげずにチャレンジしてよかったです。

しかし、なぜ今回合格できたのでしょう??

実はこの4ヶ月ほどは全くGoogle Adsenseのことなど忘れていたので、ポリシーがどうとか、投稿数がどうとか、合格基準を全く気にせずにブログ運営をやっていたのです。

そのため記事数が50くらいから100くらいまで増えた以外は特に何も変化はありません。

しかも申請を出したその日に合格通知がきました。早っ!

他の人のブログとか見ると、審査に2週間かかるのが相場だと思っていましたので、これは意外でした。

と、いうことで今回の記事では、私の突然の合格した事実を踏まえ、Google Adsense 審査基準を徹底的に考察してみたいと思います。


合格理由1:集客力があるから

いや、世に言う「人気ブログ」には程遠いですよ。残念ながら。

しかし、4ヶ月前から何が変わったかと言うと、検索流入の数が圧倒的に増えました。

このブログを見にきていただいている80%以上の方が検索キーワードからたどり着いていただいているようです。ありがとうございます。

1日ざっくり言えば30〜40ユーザー、PVでいうと100〜200くらいはコンスタントに何もしないでも稼げるようになりました。

Googleという企業の立場からすれば、この層にはやはり広告出したいと思うんですよ。その広告から商品が売れれば、Googleも収益が上がるわけですし。

ということで、Adsenseの合格基準として言えるのことは、1日30ユーザー程度の集客力がある、ということが言えそうです。


合格理由2:法律に反していないから

いかに集客力があるブログといっても、やはり法律に反しているものに対して、Googleも寛容になるわけにはいかないでしょう。

例えば漫画のコピーを全部掲載しているようなブログがあれば、アクセス数はすごいことになりそうですが、著作権を侵害しているので完全にNGです。

GoogleもこのNGのサイトを運営している人間を儲けさせるわけにはいかないのです。正確に言えば、その事実によってGoogleという会社の信用を下げるわけにはいかないのです。

従って、ブログに書いてある内容、掲載している写真などが何かしらの法律を犯していたら絶対にAdsenseも合格しません。

逆に言えば、ちまたで噂になっているような、画像は張りすぎない方が良い、とか、広告は載せたらNGとか、リンクは貼りすぎるとNGとか、そういうことは審査基準とは全く関係ないと言えます。


まとめ

以上です。

要するに、「多くの人が目にするページ」で「法律に反していない」ことであれば、Google Adsenseは合格できます。それだけ。

色々な人が

 「8記事で合格した!」とか

 「運営1ヶ月で合格した!」とか

 「文字数は1000文字必要」とか

 「プロフィールページが必要」とか

適当なこと言っていますが、事実ではありません。真の事実は

 「多くの人が目にするページ」で「法律に反していない」

これだけです。Googleの立場になればわかるでしょう。

それでも、早く合格したい!って人もいるでしょう。

でも、よく考えてください。早く合格したって、結局PVが対して稼げていなければ、Adsesenの報酬だって結局低いんですよ。そんなの意味ないでしょ。

まずは自分のブログの実力(ユーザー数、PV数など)をあげて、その上で申請すれば、あっと言う間に合格できますよ。急がば回れ、です。

この記事が役立った方は下記クリックで応援をお願いします!


にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
にほんブログ村

30代サラリーマンランキング
最新投稿をおしらせします!