Google Adsense落ちました。。。その理由を挙げていきます。

Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

え、ちょま。。。これ落ちるとかあるんですか?いや、落ちることがあることは知っていたのですが、まさか30も40も記事書いている状態で落ちるとは思いませんでした。何故なのか?

Google Adsense曰く、

AdSense のプログラム ポリシーに記載されているとおり、ユーザーにとって価値がほとんどないページやアプリ、または広告の比率が高すぎるページやアプリには Google 広告が表示されません。

google adsenseの断り文句より抜粋

価値がないって。。。どういうことだ!(怒)こちらも一生懸命やっとんのじゃ(激怒)

ということで、今回は何故落ちてしまったのか、類推してみたいと思います。

理由1:文字数が少ない

実はこれ、前から気になっていました。いや、毎日更新することをある種目的としてきたので、文字数をたくさん書くことは二の次にしてきたわけです。

しかしそこはGoogleさんはしっかり見抜いているようです。ちゃんとテキスト量が一定を満たしていない記事ばかり書いても全然「価値ある情報」とは皆してもらえないようです。

私のほかにも落ちた人の記事をいくつかみてみると、やはり文字数がある程度影響しているようですので、今後はしっかりテキスト量を増やしていきたいと思います。

一般的には1000文字程度あると、しっかり価値あるページだと認識されるようです。1000文字ってなかなかじゃないですか?400字の原稿用紙にびっちり書いて2.5枚ですよ?

昔から苦手なんですよ。長文書くの。小学校の読書感想文とかも適当に句点、読点を駆使して原稿用紙を埋めていたくらいです。なんで大人になってまで文字数気にしながら記事を書かねばならんのって感じです。

辛いながらも今後は1000文字を意識して文章書いていきます。また、過去の投稿もちょいちょい加筆修正していく必要がありそうですね。あーしんどい。。

理由2:WEBに落ちている画像をアイキャッチとして利用している

これ、以前投稿した「著作権は慎重」という文章にも危険性を書いたのですが、基本的にWEBに落ちている画像は勝手に使用してはならないようです。私もぜんぜん知りませんでした。むしろWEBにUPしている情報というのはすでにみんなが共有できる情報だと思っていたのです。

でも実はそうではないのです。画像の中にはしっかり著作権で守らているものも多く、基本的にはWEBに上がっているからって無断利用することはご法度のようです。

したがって最近はPixabayというページのフリーの画像や自分が撮った写真などを利用しているのですが、前に投稿したものの中にはまだWEBから勝手に流用している画像があります。

これがGoogleさんにしっかり把握されてしまったのでしょうか。こちらも修正していく必要がありそうです。あーしんどい。

理由3:カテゴリー毎に記事を読めない

これは私のパソコン音痴に起因します。サイドメニュー内のカテゴリーをクリックしてもそのカテゴリー毎の記事が一覧で出てきません。いや、何も出てこないのです。これ、本当によくわかりません。何を調べてもうまくいかないんです。

こういうWEBサイト上に瑕疵があると審査に通りにくいようです。

そんなこと言われても修正の仕方がわからないので、どうにもならんのです。むしろGoogle先生に教えて欲しいくらい。

こんなところを理由として考えていますが、今ひとつはっきりしません。でも1つ1つしっかりクリアしていくしかなさそうですね。。。

次の審査までは2週間ほど開けた方が良さそうですので、それまでに徹底的にページをリニューアルしていきます。くそー見てろよ!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする