Google Analiticsの使い方

Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

さて、ブログの記事もいくつかたまってきましたが、実際どれだけ私のブログは世の中に見られているのでしょうか。知りたいような、知りたくないような、怖い感覚ですね。テストの順位発表みたいです。

それを知るのがGoogle Analiticsですよね。確かプラグインで付けましたね。ブログ開設までの道②で触れていますので、参考にしてください。

さて、Google Analiticsの使い方に関しては、下記ページを参考にいたしました。ご指導ありがとうございます。

https://wacul-ai.com/blog/access-analysis/google-analytics-method/viewpoint-of-ga/

要点からいえば、下記6つの機能をしっかり理解すれば良いようです。

  • ユーザー サマリー
  • 目標 サマリー
  • ユーザー モバイル サマリー
  • 集客 チャネル
  • 行動 サイトコンテンツ ランディングページ
  • 行動 サイトコンテンツ すべてのページ

特に「ユーザーサマリー」「目標サマリー」は毎日見るべき数字のようです。ここに変な値があるとブログに何か異常事態が発生している可能性があるようです。

「ユーザーサマリー」はGoogleAnalyticsのページにログインし、「ユーザー」→「概要」メニュー    から確認できるようです。

ポイントは「ユーザー」セッション」「ページビュー数」の違い。ややこしい。そもそも何で全部外来語なんですかね。「人数」「来た回数」「閲覧数」とか日本語にできなかったのか?この辺にGAFA(ガーファ)の強さを感じますね。日本のITではとても太刀打ちできません。言葉を取られるってのは結構根深い気がします。

さて、そんなことはどうでも良いので、意味を説明します。

「ユーザー」は1日に何人のユニークユーザーが来たかのカウント。同じ人が何回来ても1人としてカウントされます。

「セッション」は一人が何回そのサイトに来たかのカウント。

「ページビュー数」はそのサイトで見られたページの数。1セッションで3ページ見られた場合はページビュー数は3という事ですね。

要するに1人の人間が、朝と夜の2回に私のブログにアクセスして、それぞれ5ページづつ見た場合は下記の計算ってことかな?自信ありません。違ったら教えてください。

「ユーザー」は1、「セッション」は2(朝と夜)、「ページビュー数」は10(2回×5)

「目標サマリー」はサイトのコンバージョン数を把握するために利用します。

コンバージョンって言葉も会社で聞いたことはありますが、厳密には理解していないので、早速調査。要するにサイトに来た人に商品を買ってもらったり、会員登録させたり、っていうアクションを起こさせることを言うようです。勉強になります。

さて、私のコンバージョンは。。。。今の所ない。。。当たり前だ。。。

いや、これでは意味ないのです。いよいよ次のステップに進む時が来たようです。要するに「ブログの収益化」なわけですね。

「ネットビジネスの種類」であげた、「ブログアフィリエイト」を始めるタイミングということでしょう。「目標サマリー」はそれがないと見る意味なさそうなので、また後日触れるとします。

次回はいよいよブログアフィリエイトをスタートします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする