ブロガーになる第一歩。覚悟のページ

Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

もう嫌だ。会社に行きたくない。

そんな風に迎えた日曜日。こんな風に休日を迎えている方、日本に6,000万人くらいいるんじゃないか。しっかり私もその一人。こんな生活一刻も早く脱出してやるぜっていつも思っている。

でも実はそんな考えももう10年以上もしている。そこから何も変化していない。

いや、変化はしている。結婚して家族を持ち、子供も産まれ、マンションも買い、むしろ環境的にはより会社に縛られるようになっている。

誤解ないように言えば、サラリーマン的にはかなり幸せを手にしていると思う。しっかり給料が出る会社で、残業は少し多いけどブラックと騒ぐほどでもなくて。そこそこ出世させてもらって。

でも毎日会社に行って、逃げこむように週末を迎えて、また翌週に憂鬱になるような人生はもうまっぴらだと思った。特に強いきっかけがあったわけじゃない。日曜日の朝、布団から起きようとした一瞬に、突然強く思った。この生活もう辞めよう。絶対やめよう。

とにかく会社に縛られない生き方をする。10年前に「金持ち父さん、貧乏父さん」を読んで以来、頭では分かっていたが、著者ロバート・キヨサキ氏が言うところの「経済的自由人」になるべく全く行動をしてこなかった。

とにかくまず行動しよう。今日12月2日(日)を記念すべき1日する。そう誓った。※12月9日(日)にブログが開設しましたので、時系列がズレています。

朝9時30分に起きた私はそう思うとすぐに外出した。ビッグカメラに。パソコンを買いに。ロバート・キヨサキ氏も「まずは自分のビジネスをもつ」ことが重要だと説いていた。

多くの人がここで止まるような気がする。私もそう。なぜなら「自分のビジネスをもつ」=「起業する」ことかと思って、サラリーマンにはできる気がしないのだ。いきなり会社辞めて起業したって上手くいきっこない。じゃあ起業する以外で「自分のビジネスをもつ」方法って何かないのかな?そこでよく考えてみた。「自分のビジネスって何?」って事を。

私がたどり着いた答えは「会社以外のお金を生むもの」って事。

この答えがあっているか、どうかはわからないけど、とりあえず前に進むことにした。

「自分のビジネス」=「会社以外のお金を生むもの」って事にたどり着いたら、やはり今の時代はパソコン無しには何も動けない気がした。それにパソコンでやる「何か」ならば、サラリーマンやりながらでもできる気がするし。ラッキーなことに私の勤めている会社は副業は禁止ではないので、まずはパソコンで「自分のビジネス」を作ってみよう。

そう思ってから一気に家出て新宿のビッグカメラに直行。正直どのパソコンを買っていいのかもよくわからないが、なんかカッコ良さそうなMacBook Airにした。これをスタバでやる感じが、いけてるビジネスマンな雰囲気を持つでしょ?ちょっと憧れる感じもあった。

ビッグカメラに着いたはいいが、パソコン山ほどある。ここでもスペックがどうとか、予算がどうとか、保証がどうとか、オプションがどうとか、ポイント還元がどうとか、色々考えると面倒になって何も買わずに帰っていつもと同じ週末を過ごしそうだったので、何も迷わずに買った。寄ってきた店員がビビるくらいの速度で、「これください」と言った。

101,304円(税込)。   

正直サラリーマンにはかなり痛い出費だが、逆にこれが絶対成功してやるぜっていう気にさせる。もう引き返せない。進むしかない。だって10万円 以上投資しちゃったし。

家出て1時間半で帰宅。このスピード感で動くのは私の人生でも稀だと思う。妻も子供もびっくりだ。こうして私の一瞬の思いつきの「経済的自由人への第一歩」は無事?スタートを切ったのだった。

このブログでは今現在ただのサラリーマンである私がどのように「経済的自由人を目指していくか」そのプロセスをツラツラと記載していこうと思う。ぜひ同じように悩みながらも奴隷のように会社に向かう多く(私の推定6000万人)のサラリーマンに読んでいただきたい。そして欲を言えば、同じように今日から経済的自由人へのスタートを切ってほしい。誰かと一緒に進めば、それが自分の縛りになるし、励みにもなるでしょ?

とりあえず、どれだけ時間がかかるかわからないが、必ず達成する そう決めたんだ。

方法はこれから考えるけど。。。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする