仕事を辞めたい。転職したい。でもその理由ではあなたの人生を狂わせるかも。。。

サラリーマンの永遠のテーマといえば「転職」でしょう。

独立・脱サラはその後の生活を考えるとかなりハードルが高いように感じてしまいますが、「転職」は収入の増減はあるものの、職場環境を一気に変える手段としては有効です。

しかし、その転職に関しても何度も繰り返すことはオススメできません。結局この人は「何をやりたい人なのか」「何ができる人なのか」よくわらからない人というレッテルが貼られますし、新しい職場でもどうせすぐ辞める人、という見られ方をします。

 

私も過去にさかのぼると、10人以上の同僚・部下が転職して行きましたが、そのうちのほとんどが転職の後の職場でも転職を繰り返していると聞きます。しかも1〜2年の短いスパンで転職を繰り返している。

こうなってしまうと、30歳くらいまではなんとかなるかもしれませんが、その後は結構辛い状況となることが予想されます。年収は基本的には下がる傾向にあるでしょうし、管理職を任されることも減ると思います。

 

そこで、今回の記事では「この理由で転職を考えているなら、転職しないほうが良い」という理由をあげて行きます。私の経験上、下記の理由で転職を考えると、結局転職を繰り返し、ドンドン厳しい環境に落ちていくことになります。

参考にしていただければ幸いです。

 

転職するのを辞めたほうが良い転職理由1:仕事がつまらないと感じるから

働いて1年もすれば、大体の流れもつかめてきますので、仕事がルーティーンワークのような感覚が出てくるのは否めません。

それが「慣れ」であり、一方で「熟練」ということもできるでしょう。このこと自体は否定すべきことではありません。重要なのはその後の話です。

「結局うちの会社は○○だけやっていれば良い」みたいなことを言い出し、同じ毎日を繰り返すのであれば、それは本当につまらないでしょう。

そうではなく、そこで頭を使うのです。

例えば同じことをやって売り上げを2倍にするにはどうするか、逆に半分の労力で同じ売り上げを上げるにはどうすれば良いのか、工夫してみましょう。

最初は工夫するのは面倒だ、と思うかもしれませんが、工夫して動けば良い結果になり、良い結果が出ればもっとやってみよう、と意欲が湧いてきます

その結果 社内でのポジションも上がり、給料も上がり、やめようという気持ちなど忘れてしまいます。

 

逆に「仕事がつまらない」という理由でやめていく人は、想像に難くないと思いますが、どんな仕事でも1年で飽きてきます「仕事=つまらないもの」 という思い込みが頭を支配しているからです。

一度この頭をリセットしないと永遠に転職を繰り返すことになるでしょう。恐ろしいですね。。。

 

転職するのを辞めたほうが良い転職理由2:上司と合わないから

残念ながら部下は上司を選ぶことができません。子供が生まれてくる親を選べないのと一緒。

これは転職で解決はできますが、転職先でも合わない上司がいる確率は同じです。さらに最初は合う上司の下で仕事ができても、その上司が変更になったり、違う部署に異動になったり、上司が変更になることも、かなり頻繁に発生するでしょう。

逆にこれは今の職場でも同じです。合わない・嫌な上司がいつまでもあなたの上司でいるわけではありません。それは転職先で嫌な上司と出会わない確率とそこまで変わりません。

うちの会社は嫌な上司しかいないから」と全否定する気持ちがあるなら、それは要注意です。そもそも 上司=嫌な奴 という思い込みをあなた自身がしているだけです。

全員が嫌な奴なんてことはあり得ません。コミュニケーションが足りないだけです。転職先でもすぐに同じことを言い出すでしょう。

 

 

転職するのを辞めたほうが良い転職理由3:自分が成長できないと感じるから

 

一見上昇志向が高いように感じるので、これを言っていると気持ちいい感じになるから要注意です。

「自分の方が会社で働いている他の奴より優れている」と思っているわけです。そんなこと本当にありますか?

 

自分が成長できないと感じるのは、「周囲に成長させてほしい」と願っているからです。要するに、「自分では何すれば成長できるかわからないけど、周りが俺を成長させるために何かしてくれよ」と思っているということです。

典型的に思考が学生です。まさに成長してない人。「研修」とか「教育プログラム」という言葉が大好き。うちの会社にはこういうのが不足しているから。。。とか言っている人。残念ながら意識高い系の若手社員に多いです。そのくせに本の1冊も読んでない。ホントに成長したいの?と疑いたくなります。

 

成長とは「本気で取り組む×かけた時間」によって得られます人から教えてもらえる内容は成長とは無関係です。教えてもらった知識を利用して本気で取り組んで初めて成長が得られます。

このことがわかっている人は、どんな職場環境であっても成長しますし、例え業種や職種が変わっても大きな成功を収めるでしょう。自分から必要な知識は習得しますし、行動しますから。

 

最初に「教えてくれ」という姿勢の方は、転職を繰り返すでしょう。「教えてくれないから動けない」のではなく、「動かない言い訳を、教えてくれないことにしている」だけです。転職する前にそのことに気がついが方が良いです。

 

まとめ

転職を考えている方には耳が痛い話をしてきましたが、転職した方が良い場合も実はあります。その記事もそのうち書いていきます。

 

新しい職場には一見未来があって、キラキラ輝いているような気がしてしまいますが、新しい職場でできることの多くは、今の職場でもできます。転職先の職場でも今の職場と同じように、毎年何人もやめていっている事実はありますから。

 

今の職場でやろうと思えない、あなたの気持ちに問題があります。そしてその気持ちの問題は、解決しないとずっとついて回ります。

このことに多くの方が気が付いて、無駄な転職を繰り返すことないことを心から願います。転職エージェント以外、誰も幸せになっていないですから。

 

 

 

この記事が役に立った、という方は下記クリックで応援をお願いします。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
にほんブログ村
30代サラリーマンランキング
最新投稿をおしらせします!

心構えの最新記事4件