【マネージャー】と【リーダー】の違い

ある程度の規模の組織になると、役職名で【マネージャー】と【リーダー】と言う名前がつくようになります。

私の取引先の企業でもこれらの役職の方も大勢いらっしゃいます。イメージで言えば、【マネージャー】は課長クラスの役職、【リーダー】は主任クラスの役職、の方が多いように感じます。

要するに【マネージャー】の方が【リーダー】より偉いことが多いですね。役職名で言うとそう言う関係性になっていることが多いです。

でもこれ、正確に言えば、正しくないです。

この本質的な違いを説明できる人、どれだけいるでしょうか?

実はこの2つは似ているが、全然違うってこと、知っていますか?

今回の記事では、【マネージャー】と【リーダー】の違いを徹底解説していきます。

※あくまでも私の見解ですので、正しさを保証するものではありません。


マネージャーとは

まずはWikipediaの見解を紹介します。

マネージャー: manager)は、普通名詞としてはマネジメントを行う者や機構を、肩書(Manager)としては部門管理者や支配人などを指す。近年はマネージャマネジャーMgrMG、などと表記されることも見られるようになった。外資系の企業などでは役職者の肩書によく見られる。

そう、その通り。

要するにマネージメントする者ってことです。

マネージメントとは「管理」と言うことです。要するに管理者ってことです。

何を管理するかと言えば、会社で言えば、売上高とか、利益とか、プロジェクトの進行状況とか、メンバー個人の売上とか、会社を構成するあらゆる数字を管理するわけです。

要するに、求められる資質としては、

  •  数字に強い
  •  しっかり者
  •  メンバーに畏怖の念を抱かれる

なんてことが言えるでしょう。


リーダーとは

こちらもwikipediaの見解から

先頭となるもの。「頭領」ならび「統領」の意味合いを持つ語として用いられることがある。グループ、集団を代表、指導、先導、統率する存在(「代表」、「リーダーシップ」、「オピニオンリーダー」も参照)。

と言うことです。私も同意。

要するにリーダーとは、組織を率いる者のことです。

リーダーがいて、始めて組織は動きます。どちらの方向に動くのかを決めるのがリーダーな訳です。

求められる資質としては

  •  結果を出す意欲が強い
  •  声が大きい
  •  メンバーに好かれる

と言うことが言えると思います。


マネージャーとリーダーの違い

要するに、【マネージャー】と【リーダー】の違いは、役割分担の違いであると言うことです。

イメージで言えば、【リーダー】は組織を引っ張る役割を果たし、【マネージャー】は組織が順調に動いているかを管理する役割を果たす人のことです。

したがって、冒頭に述べたように、【マネージャー】が【リーダー】より偉い役職という考え方自体が間違っていると言えるでしょう。求められる素質も、能力も全く違います。

私の感覚で言えば、日本人は【マネージャー】の方が得意です。真面目に数時管理はできる、という人の方が多いのではないでしょうか。

【リーダー】はメンバーの先頭に立ち、大きな声を張り上げ、正しい方向に導かねばなりません。この役割ができる人の方が珍しいです。おそらく会社を立ち上げた創業社長などはこのタイプの方がほとんどだと思います。

 

したがって、もし組織の中で稀有な存在になりたいのであれば、【リーダー】を目指すべきでしょう。メンバーを正しい方向に導き、より大きな結果を出せる【リーダー】は必ず大きな報酬が待っているはずです。

 

この違いを理解しているか、していないか、サラリーマンをやる上で大きな差となってきますので、頭に入れておくと良いでしょう。

 

この記事が役に立った方は下記クリックで応援をお願いします!


にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
にほんブログ村

30代サラリーマンランキング
最新投稿をおしらせします!

サラリーマンでもっと稼ぐの最新記事4件