大掃除① 〜家の中の不用品を全部引っ張り出してみる〜

Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

もうすぐ年末ですね。ということでこのクリスマス間近の3連休は大掃除です。

いや、もう結婚して子供もいる身となると別にクリスマスに特にイベントなんてやろうという気にさえなりません。家族もそれを求めていないのです。街は混雑しているし、レストランも割高な感じするし、いい店は子供づれでは入りにくいし。家でチキンとケーキ食べて、プレゼントを子供にあげればそれでクリスマスはOKです。

さて、本題とずれましたが、大掃除です。この大掃除でもお金を稼ぐ方法がありそうですので、今回はそこに焦点を当ててみたいと思います。それはネットビジネスじゃないだろってツッコミは受け付けません。副業なら何でも良いのです。いや、むしろ不用品だってネットを通して販売すれば立派なネットビジネスなのです。文句は受け付けません。

家中の不要品を一気にいろんな方法で売りさばいてみます。いくらくらいになるのでしょうか。

不要品の山

2時間ほどかけて家中の不要品を机の上に積み重ねてみました。うわぁ。。。。我ながら引くわ。まさに山。売れなければガンガン捨てていくだけですので、とりあえず最近流行りのメルカリに売れそうな本や洋服はUPしていきます。

また、100冊近くあるビジネス書に関してはまとめ売りが良さそうなので、不用品買取サービスのネットオフに出してみようと思います。



ネットオフ自体も初めて使うのですが、正直使いづらい。マイページの使い勝手が悪い。というかサーバーにアクセスが集中しているのか、とにかくページ自体が重い。30分ほど苦戦しながら、登録完了、明後日にはダンボール2箱取りにきてもらえるようです。

しかしネットオフさんの文句を言うわけではないですが、メルカリのようなC to Cのアプリが山ほどある時代に、あえてこのような企業を仲介する意味ってなんかあるのでしょうかね?当然仲介する工数が多いほど、手数料が取られていくはずなので、最終的な儲けは減るはずなんですよね。

なので、なるべく直接買ってくれる人とやりとりした方がお得なので、どんどんこのような不用品買取業者みたいな企業は厳しくなっていくと思われます。本業で大手の古本屋ビジネスの企業の方に話を聞く機会があったのですが、やはり収益構造が相当悪くなってきているようです。

これも時代の流れなんでしょうね。。。。

さて、私の買取結果はどうなるでしょう。そのうちまとめてこのブログで収益結果を報告していきたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする