大掃除③ 〜メルカリ発送手続き〜

Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

今回は昨日メルカリで買い手がついたものを早速発送していきます。メルカリでは、出品者、購入者双方が相手を評価する仕組みをとっています。出品者として良い評価を得るためには、丁寧に梱包し、素早く発送する、これに尽きるわけです。良い評価をもらえないと、良い商品を出品しても買ってもらえないリスクも出てきますので、評価は高く保つに越したことはありません。

さて、出品の手続きですが、先方がメルカリに入金をしてから、次にこちらが発送手続きに入れるようです。よくできてますね。

発送はいくつかパターンがあるようですが、「コンビニから発送」が一番お気軽そうなのでこちらを選択します。

前回売れた6つの商品を梱包して近所のファミマに持ち込みます。

手順としては下記

1)メルカリアプリ上から「コンビニから発送」を選択

2)アプリ上で2次元バーコードを取得

3)近所のファミマに持ち込む

4)ファミポートで2次元バーコードを読み取る

5)出てきたレシートと梱包した荷物をレジに渡す

6)荷物のサイズが企画に合っているか、店員がチェック

7)その後店員が発送票と控えを印刷するので、受け取る

8)自分で荷物に発送票を貼り付け

9)発送票を貼った荷物を店員に渡す

重要な点は、コンビニに持ち込む前に梱包が必要です。これが少しめんどくさいです。ここにハードルを感じる方がメルカリを遠ざけるのでしょうね。これの代行サービスでもやろうかな。

さて、家に梱包資材なんてないので、近所のダイソーで調達します。

使ったのは

・クリアーポケットA4

・クラフト封筒 角形2号

この2種類(合計216円)を利用しました。

内袋としてクリアーポケットを、外袋として角形2号を。

なるべく空気を抜いて小さします。

というのも一番安い発送方法「ネコポス」を利用するには、

長辺×短編 31.2cm×22.8cm、厚さ 2.5cm

というサイズに収めなければなりません。

このサイズ測り器に梱包したものが ”サッ”と通過することが必要。

これに通過したら配送料金 195円(うろ覚え)でいけるようです。

仮に通過しなかったら、もう1つ上のサイズの発送方法となります。もう1つ上の「宅急便コンパクト」だと送料は380円、さらに上のサイズだと「宅急便」となり、送料はサイズに応じて600円以上となります。

今回の私の発送でいうと「子供用 浮き輪」そこそこ大きかったので、「宅急便」という発送方法となります。

したがってメルカリで商品を発送する際は、「いかに小さなサイズで送るか」と考えないと、儲けがガクンと減ってしまいます。

ちなみに発送料金はコンビニで支払う必要はありません。料金が売れた代金から自動的に引かれるようです。キャッシュレスでずっといけるのは楽ですね。この辺に企業努力を感じます。

今後も定期的に不用品をメルカリで販売していきたいと思います。

これもネットビジネスの一環と呼べるのではないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする