繰上げ返済はじめました

6月はサラリーマンやっていて「良かったなぁ」と感じる数少ない月ですね。

なぜならボーナスが出るからです。

ボーナスが支給されると、このままサラリーマンやっていてもいいかな?って思っちゃいますね。いかんいかん。

ボーナスが入ったらあれ買おう、これ買おうと、色々と画策する方がいると思いますが、脱サラを目指す私が一番やるべきだと思っているのは、「投資用マンションの繰上げ返済」です。

なぜ?と言うかたは過去の下記記事をご参照ください。

関連記事

100万円以上のまとまったお金はそれなりにパワーがあるもので、うまくハマれば、そのお金が次のお金を自動的に生み出してくれるものです。具体的に解説しましょう。1億円の宝くじが当たったら、1億円で賃貸用マンションを買います。そうなると、賃貸[…]

「繰上げ返済」がもっとも賢く、誰でもできる費用対効果が高い投資な訳です。

したがって、私もボーナスの大半をこの繰上げ返済にあててみることにしました。

今回のこの記事では繰上げ返済を行う際の実際の流れ、注意点について解説していきます。


流れ0:全額or一部かを選択

まず、繰上げ返済する!と決心したら銀行に連絡を入れる前に「繰上げ返済額」を決定しましょう

借りているお金の全額を返済するのか、それとも一部を返済するのか、を考える必要があります。

銀行はその返済額に応じて、手数料や今後のローン返済計画書などを作成して、郵送してきますので金額の決定は事前にしておく必要があるのです。

借り入れ年度にもよりますが、手数料はしっかり取られるので、なるべく多くの額を一度に返済した方が結果的にお得になります。

今回私も100万単位の返済を行います。いやー、なんか怖い。

でもこれによってその分の利子の支払いが消えますので、結果的には数10万円〜100万円くらいのメリットになる計算です。

返済する金額を決定したら、銀行にTELしましょう!


流れ1:電話する(一部の場合はWEBでOK)

銀行に連絡すると、多くの場合は自動音声で対応されることになります。

「繰上げ返済」の方はこちら、みたいな専用番号もちゃんと用意されていることが多いと思いますので、ガイダンスに従っていけば、最終的には窓口の方に電話がつながることになります。


流れ2:本人確認、返済金額を伝える

電話の窓口で、本人確認をされます。生年月日や住所を口頭で伝えればOKです。

その後返済金額を伝えると、2択を迫られることになります。(一部返済の場合)

その2択とは、「期間を短縮」か「1回の返済額を減らす」かです。

繰り上げ返済をすれば、当然ながら当初の計画よりも銀行から借りている残額が減りますので、返済期間を短縮するか、それとも期間は同じままで、1回の返済額を減らすか、の選択ができます。

ただし、前者「期間の短縮」を選んでしまうと、その後の変更はできない、と言う脅しをかけられることになります。

正確にはわかりませんが、おそらく期間の短縮の方が銀行にとって美味しくない選択なのでしょう。合計すると彼らの取り分が減るはずです。

従って、借りている側としては、こちらを選択した方がお得ということですね。私もこちらを選択しました。


流れ3:封書が家に届く

数日後に口頭で伝えた内容が封書で自宅に届きます。

いつまでに、繰上げ返済額の●●円を振り込んでくれ、という内容です。

プラス、その後半年間の返済計画書も送られてきます。

繰上げ返済してもまだまだあるなーという印象を持ちます。まだ先は果てしなく長いですね。。。


流れ4:期日までに入金

そして期日までに銀行振込で入金すれば、手続き完了です。これにてめでたく繰上げ返済が遂行されました。脱サラ人生に一歩近づいた感じはします。本当に小さな一歩ですが。。。


以上、初めての繰上げ返済体験をまとめてみました。

繰上げ返済をお考えの方、参照いただければ幸いです。

 

 

この記事が役立った方は下記クリックで応援をお願いします。


にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
にほんブログ村

30代サラリーマンランキング
最新投稿をおしらせします!

不動産投資で稼ぐの最新記事4件