SEO対策①

Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

さて、ようやく広告も貼れるブログになりましたので、ここからは「収益をあげる」ことを目的にブログをブラッシュアップしていきたいと思います。

早速広告。こういう出し方はおそらく間違えていると思います。こんなんでクリックする奴いないよね。<都合により広告削除中>

今日のテーマは「SEO対策」です。私のブログはgoogleで「30代半ば 副業 独立」まで入力して初めて検索に引っかかります。
これじゃ全然ダメです。読者が全く増えません。

したがって、「30代 副業」くらいで1ページ目に表示されるくらいにはなりたいです。

早速Googleで「WordPress SEO対策」で検索。今日は下記ページを参考に進みます。
https://www.cpi.ad.jp/column/column04/

ポイントは下記のようです。
1.「noindex」「canonical」を上手に使い、コンテンツの低評価リスクを回避する
2.パーマリンクの設定と、パン屑ナビを意識する
3.記事内には、同じサイト(ブログ)内の「関連記事」へのリンクを入れる
4.引用部分に「引用タグ」を使い、オリジナルコンテンツと引用との線引きをする
5.「キャッシュ系プラグイン」を使い、サーバー負荷を下げる
6.「Google XML Sitemaps」を使い、Googleにサイトマップ送信をする
7.「脆弱性をカバーする運用」をおこなう
8.スマートフォンで見やすいサイトをつくる

うーん、正直よくわかりません。そういう時はしっかり順番にやっていきましょう。

1.「noindex」「canonical」を上手に使い、コンテンツの低評価リスクを回避する

いつも「編集画面の下に出てくる謎の英語」くらいにしか思っていませんでした。これをどうすればよいのでしょうか。

「noindex」について

要するに ①他と内容が重複しているページ ②内容が薄いページ
に関してはGoogleの検索対象外に設定した方が、結果的にGooglの検索順位が
上がるってことらしいです。したがって上記①、②に該当しているものは全てnoindexの設定をした方が良いと。

私のブログは重複はしてないよ。。。・・・内容が薄い。。。いや、薄くない。
そう信じたい。そうだと言って(汗)。。。とりあえず「noindex」設定は無しでいきます。そのうちつけるかも。

「canonical」について

⇒これも「重複」を避ける意図が大きいようです。特に重複コンテンツは無いのでここはスルーします。

2. パーマリンクの設定と、パン屑ナビを意識する

はいはい、パーマリンク、設定してますよ。
URLの最後の部分を自分でいじるやつですね。SEOとなんか関係あるんでしょうか?またこちらのページを参考にします。

https://www.cpi.ad.jp/column/column04/
こちらの記事を読み進めると。。。要するにパーマリンクは何でもいいぜってことのようです。むしろパン屑ナビが重要のようです。

パン屑ナビってなに?初見ワードきました。

Wikiってみると「パンくずリスト(breadcrumb list)は、ウェブサイト内でのウェブページの位置を、ツリー構造を持ったハイパーリンクの一覧として示すもの。」

完全にいみふです。続きは次回に。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする